芸能ニュースあれこれ

気になった芸能ニュースを集めました

    2019年12月


    いつの間に…!

    1 ばーど ★ :2019/12/26(木) 11:16:56.76 ID:xrXOaHMN9.net

    女優の木村文乃さん(32)が今年の夏頃に離婚していたと、26日所属事務所が明らかにした。木村さんは2016年に演技講師の男性と結婚していた。

    2019/12/26 11:09 (JST)
    https://this.kiji.is/582752036253942881

    (出典 nordot-res.cloudinary.com)


    関連スレ
    木村文乃がイケメン演技講師と結婚から約2年半で極秘離婚!
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1577269234/


    【女優の木村文乃さんが離婚 所属事務所が発表】の続きを読む


    ファンにとってはタイミングが、ねぇ。

    1 影のたけし軍団ρ ★ :2019/12/26(木) 13:23:18.36 ID:nc72/Jb+9.net

    12月25日、嵐のデビュー20周年アニバーサリーツアー『ARASHI Anniversary Tour 5×20』の
    最終公演が東京ドームで行われた。

    昨年11月からスタートし、約1年をかけ50公演、237万5000人を動員する、嵐のキャリア最大規模のツアーとなった。

    最終公演の挨拶ではリーダーの大野智(39)が「ツアーの最中に(活動)休止発表させてもらいましたけど、
    発表後の4月からのツアーは正直、不安でした。正直、怖かったです」と切り出し、
    「でも、本当にみんなが本当に優しい目で僕らを見ていてくれたから。本当に優しい顔で、見守ってくれたから。
    僕は今日、最後までやりきることができました」と涙ながらに語ったという。

    「ライブ冒頭では、松本潤(36)が“今日は20年の感謝を届けに来ました。
    今から5万5000人、ライブビューイングの19万人のみんな、俺らが幸せにしてやるよ!”と観客をあおり、
    『アオゾラペダル』では櫻井翔(37)がピアノの生演奏を披露。大野のソロダンスから始まるダンスメドレーがあったりと、さまざまな演出で東京ドームを盛り上げてくれました。
    相葉雅紀(37)は“『活動休止』と書いて『パワーアップ』と読むと思っています”と語り、嵐の将来的な復活を誓っていましたね」(コンサート会場にいた音楽プロ関係者)

    前出の音楽プロ関係者は話す。

    「嵐の2019年を締めくくるに相応しい、大盛り上がりの最終公演となりました。
    ただ、二宮の結婚は、グッズの売り上げにも如実に影響が出てしまったんです。

    私が見たときは、二宮以外の4人のメンバーのクリアファイルは即完売になっていたのですが、二宮のクリアファイルだけが、売れずに残っていたんです。
    しかも、驚くことに嵐の5人のショットのものもかなり売れ残っていた。最終公演なのに、です。
    “ニノとニノが映ってる集合写真はいらない”という、明確すぎるファンからのメッセージですよね。

    結婚を祝福しているファンも多いようですが、それ以上に活動休止前に結婚に突き進んでしまった二宮のことに
    怒りを感じているファンも少なくないということが、コンサートグッズの売れ行きから明らかになってしまいましたね……」

    メンバーの“不仲説”も報じられる嵐。5人が足並みをそろえて、来年の活動休止まで走り抜くことはできるのだろうか……?
    https://taishu.jp/articles/-/71333?page=1

    【週刊文春】 松本潤が怒り、絶交宣言 「二宮、ふざけんな!」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1577266345/


    【 二宮和也グッズだけ売れ残り! 嵐ツアー、ファン激怒の不買運動!】の続きを読む


    さすがのセンス!!

    1 muffin ★ :2019/12/25(水) 12:54:49.55 ID:156poiF79.net

    https://smart-flash.jp/entame/89061
    2019.12.24

    12月24日、バカリズムが所属事務所のホームページで、元でんぱ組.incの夢眠ねむと結婚したことを発表した。バカリズムは「仕事を通じて知り合い、数年間の友人関係を経てお付き合いが始まり、この度結婚する運びとなりました」と報告。

    夢眠は3月19日配信の『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』(SHOWROOM)で、バカリズムこと升野英知について話している。「升野さんも大好き。天才ですね」と絶賛したうえで、「私が病まなくなったのって升野さんのおかげ」と明かした。

    夢眠がツイッターに「つらい」と投稿したところ、バカリズムから「すごい大きい梨を食べましたよ。1人で」とリプライがあったという。夢眠は「みんな普通『大丈夫?』とか『そんなこと言うな』とかなのに、ただデカい梨を食べたことを報告してくれて。それですごい幸せな気分になったんですよね(笑)」と感謝。
    さらに「ああ、今日バカリズムさんは大きい梨を食べたんだ。よかったね! みたいな。そこから、なんか病んでもおおきな梨のことを思い浮かべて」と励まされたという。
    夢眠は「元気づけてくれたんだなっていう思いやりを感じて。すごくいい方だな! っていうところから仲よくなった感じですね」と親密になった経緯を明かしていた。

    2次元キャラクターを育成する番組『アイキャラ』(日本テレビ系)で長らく共演してきた2人。末永い幸せを祈りたい。


    【バカリズムと夢眠ねむ、仲を深めた理由は「大きな◯◯」】の続きを読む


    何度目の引退ですか?

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/24(火) 07:23:09.93 ID:UCOt1xBx9.net

    「私は、決して歌手になりたかったわけではありません。でも、作家やスタッフ、時代に恵まれたおかげで、気づいたら48年。
    大した能力も根性もない私は、みなさまに作っていただいた歌手です。とても恵まれた歌手人生でした」

    そう語るのは、年内の活動を最後に芸能界から引退する森昌子(61)。’71年に『スター誕生!』初代グランドチャンピオンとなり、13歳でデビュー。
    山口百恵、桜田淳子とともに“花の中三トリオ”で国民的にスターに上り詰めた10代をこう振り返る。

    「休みもなく年に4枚のシングルとアルバムを出すようなスケジュール。本気で歌うことについて考えたのは高校を卒業するころでした。
    “このまま歌手として生きていくのか?”を自問自答し、恵まれた環境にいるんだと気づいて。
    歌に向き合うことを決めてから、27歳のときに結婚で引退するまで、森昌子のために用意してもらった曲を一生懸命歌ってきました」

    復帰は20年後のことだった。

    「離婚して家族を養うためにできることは、歌うことしかなかったんです。でも、若いころと同じように歌えると思っていたのが甘かった。
    使っていなかった声帯はひどく衰え、思うような声が全くでないことに本当に苦しみました」

    歌うこと以上に生きることに必死だった時期もある。だが、それでも歌い続けてこられたのは?

    「“森昌子は歌うことしかできない。私には歌しかない”という思いはずっと一貫していました」

    12月25日のラスト公演で、惜しまれつつ歌手人生を終える。今、いちばんファンに届けたい曲は、昨年、還暦記念で発売した『あなたの愛に包まれながら』。

    「“これまでの人生、いろんなことがあったね”と振り返りつつ、“一度きりの人生だから毎日笑って生きていこうよ”と歌う人生の応援歌。
    まさに、今の私の心境と重なる歌詞です。私にとっての“あなた”はファンのみなさまです」

    最後に、引退後について聞いた。

    「まず、自由な時間を楽しみたいと思います。一緒に暮らす87歳の母にもこれからたくさん親孝行したいし、旅行もしたいです。
    好きなことをして、そのなかから夢が広がるといいですね」

    では、歌との付き合い方は?

    「今までは、カラオケに行っても、森昌子としてしか歌ったことがなくて。でも、これからは好きなときに、気楽に歌えるから楽しみ。
    素人だからのど自慢に応募しちゃおうかなあ。鐘、鳴るかなぁ?(笑)」

    「女性自身」2020年1月1日・7日・14日号 掲載

    https://news.livedoor.com/article/detail/17570971/
    2019年12月24日 6時0分 女性自身


    (出典 image.news.livedoor.com)



    (出典 Youtube)

    【 越冬つばめ 】 森昌子


    【森昌子、芸能界引退へ「引退後はのど自慢で鐘を鳴らしたい」】の続きを読む


    おめでとうございます!

    1 ばーど ★ :2019/12/24(火) 14:20:35.91 ID:CN+QPJBo9.net

    女優田中麗奈(39)が第1子を出産したことが24日、分かった。

    所属事務所が報道各社にあてたファクスで発表した。性別や出産日は記していない。今後、体調や育児の状況をみつつ、復帰するという。

    田中は「私事ではありますが、この度無事に出産致しました事をご報告致します。お陰様で、母子共に健康である事に何よりもほっとしています。ご尽力を頂きました方々に、心より感謝致します。まだまだ未熟な母の私ですが、周りの皆様に助けて頂き、ご指導頂きながら、日々切磋琢磨して小さな命を、家族と共に全力で守っていきたいと思います。お仕事に関しましても、また新たな気持ちで向かっていきますので、どうぞ今後とも温かく見守って頂けたら幸いです」とコメントした。

    田中は16年2月、5歳年上の男性医師と結婚した。知人の紹介で知り合い、交際半年での電撃婚だった。今年8月、妊娠7カ月と発表していた。

    田中は18年の主演映画「おもてなし」公開の際には「根を張る場所ができて、以前より自由に大胆になったと思う」と話しており、結婚は女優業にも好影響を与えたようだ。結婚後には同作を含む映画・ドラマの5作品に主演している。

    [2019年12月24日13時42分]
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201912240000311.html

    (出典 www.nikkansports.com)


    【女優の田中麗奈、第1子出産「小さな命守っていきたい」】の続きを読む

    このページのトップヘ