芸能ニュースあれこれ

気になった芸能ニュースを集めました

    2019年05月


    色白でキレイですね…

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/26(日) 15:44:30.67 ID:XR7erk9+9.net

    お笑い芸人の鳥居みゆきが、22日に自身のインスタグラムを更新。主演を務めるドラマ『元町ロックンロールスウィンドル』(サンテレビ)のオフショットが公開され、キュートな近影に大反響が寄せられている。

    ■かわいすぎる38歳
    同作にて、神戸元町の裏通りの古着屋のオーナーの女性を演じている鳥居。ロックテイストだが、革ジャンの下から赤いギンガムチェックやレースが覗いていたりと、この写真1枚からでも古着の魅力を再確認できるような衣装だ。

    「元町ロックンロールスウィンドル よろしくー」と作品の宣伝をしつつ、萌え袖を活かしたキュートなポーズを披露。今年の3月で38歳を迎えた彼女だが、カメラを見つめるあどけない表情や溢れる透明感は、まるで年齢を感じさせない…。

    ブレイクした鬼気迫る芸風からはギャップのある、なんとも「萌え」な1枚だ。

    View this post on Instagram
    元町ロックンロールスウィンドル よろしくー #元町ロックンロールスウィンドル

    A post shared by 鳥居みゆき (@toriimiyukitorii) on May 22, 2019 at 7:02am PDT

    ■「やっぱり美人…」ファンため息
    こちらの投稿を見た多くのユーザーがため息。愛らしさが溢れる近影に、絶賛の声が相次いでいる。

    「やっぱり美人…」

    「相変わらず、きれいでかわいい」

    「エグいくらいかわいい」

    「みゆきさんかわいい」

    「美人ですよね。自分で思ったことありますか? まああるか、、」

    中には、思わず「ご自分の美しさに気付いていますか?」と書き込んでしまったユーザーも。

    ■イメチェン経験者は4人に1人
    ドラマの役柄とはいえ、これまでのイメージを覆す「大胆イメチェン」を果たした鳥居。

    しらべぇ編集部が全国の10~60代の男女1,732名を対象に「イメージチェンジ」について調査を実施したところ、全体でおよそ4人に1人が「イメチェンをしたことがある」と回答した。

    一方で、大半の人がイメージチェンジを試していないことも判明。

    ロックテイストの衣装を見事に着こなし、まさしく新たな魅力を爆発させている鳥居。作品や彼女の影響を受けて、古着ファッションに興味を持った人は少なくないのではないだろうか。

    (文/しらべぇ編集部・あまぐりけいこ)

    【調査概要】
    方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
    調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日
    対象:全国10代~60代の男女1732名(有効回答数)

    https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20162087951/
    2019年05月25日 16時00分 しらべぇ


    (出典 img.sirabee.com)


    【鳥居みゆき、38歳になった近影にネット騒然 「エグい」「やっぱり美人…」】の続きを読む


    誰のことですか?

    1 影のたけし軍団ρ ★ :2019/05/26(日) 20:19:27.69 ID:NwUgvKk99.net

    今月22日に、アイドルグループKAT-TUNの元メンバー・田口淳之介容疑者(33)と、
    交際相手で元女優の小嶺麗奈容疑者(38)が*取締法違反(所持)容疑で
    関東信越厚生局*取締部(通称・マトリ)に逮捕され、その後、各メディアが大々的に報じている。

    マトリといえば、3月にも同法違反で、テクノバンド・電気グルーヴのメンバーで俳優のピエール瀧被告(52)を逮捕・起訴した。

    「世間に対して、マトリは捜査能力を大々的にPRできた。
    そんな状況にいら立っているのが同じく薬物事犯を専門に扱う警視庁の組織犯罪対策第5課(通称・組対5課)。
    以前は清原和博やASKAらをあげたが、最近はマトリにやられっぱなし」(全国紙社会部記者)

    組対5課がそんな状況を指をくわえて見ているはずがないが、
    なんと、組対5課とマトリが同時にマークしている大物芸能人がいるというのだ。

    「誰でもその名前を知っている男性芸能人ですが、かつて薬物使用疑惑を報じられたことがあった。
    マークされているという情報は大手広告代理店をかけめぐっているので新規の起用を控えている。
    とはいえ、出演する番組やCMは数多いので、逮捕されたらとんでもないことになりそうだ」(週刊誌記者)

    薬物の逮捕者が相次ぐ芸能界だが、この分だとまたまた大捕物がありそうだ。
    https://wjn.jp/article/detail/9425528/


    【麻薬取締部 (マトリ)&警視庁組織犯罪対策第5課が逮捕に向けて “ロックオン” した誰でもその名前を知っている男性大物芸能人】の続きを読む


    何があったのでしょう…

    1 ニライカナイφ ★ :2019/05/26(日) 18:47:46.88 ID:7WrvUi+K9.net

    ◆ 元KARAのク・ハラさんが自殺未遂で意識不明 前日のSNSで「さようなら、綺麗に包んでもゴミはゴミだ」と自殺をほのめ*

    複数の韓国メディアによると、ク・ハラさんは今日未明、ソウル市内の自宅で倒れているのをマネージャーに発見され病院に搬送された。現在も意識不明の状態が続いているが、呼吸や脈拍に異常はないという。一部メディアによると、自宅の中には煙を吸ったような形跡があり、ク・ハラさんが自殺を図った可能性が高いとみられている。

    ク・ハラさんは去年、元交際相手の男と別れ話からトラブルになり、暴行やリベンジポルノの被害を訴えるなどしていた。ク・ハラさんは昨日、自身のSNSに「さようなら、綺麗に包んでもゴミはゴミだ」と自殺をほのめ*ような内容を投稿をしており、ファンから心配の声が寄せられていた。

    2019/5/26(日) 14:18 AbemaTIMES
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190526-00010008-abema-ent


    【【衝撃】元KARAのク・ハラさんが自殺未遂で意識不明】の続きを読む


    幸せそうで何よりです。

    1 かばほ~るφ ★ :2019/05/23(木) 14:43:19.10 ID:zKSPVEdK9.net

    ベッキー、笑顔で新婚生活語る「ありがたい日々を過ごしてます」 サラダの内容を毎日変える努力も
    2019-05-23 13:56

    タレントのベッキー(35)が23日、都内で行われた『株式会社カンム バンドルカード』テレビCM記者発表イベントに出席。
    2月にプロ野球・巨人の片岡治大2軍内野守備走塁コーチ(36)と結婚後初のCM記者会見で、
    「ありがたい日々を過ごしています」と新婚生活について笑顔で語った。

    MCから「結婚おめでとうございます」と言われると「ありがとうございます」と笑顔。
    新婚生活については、「ほぼ毎日料理をしています」とし、得意料理を聞かれると
    「なんだろう。得意かはわからないですが、サラダの内容を毎日変えるのが好き。
    飽きずに野菜を摂れるので」と誇らしげ。

    最近は、圧力鍋を購入したそうで「豚の角煮を作ったんですけど、それはちょっと失敗しちゃいました」と苦笑い。
    お金の使い方についても「慎重に使うようになりましたし、よりお金について把握するようになりました」
    と順調な結婚生活を送っていることを明かした。

    同カードは、最短1分で発行、3分で決済できるプリペイドカード。
    スマートフォンアプリに表示してネットショッピングで使えるバーチャルカードのほか、
    Visa加盟店で利用できるプラスチック製カードの「リアル」「リアル+」の発行もすることができる。

    ORICON NEWS
    https://www.oricon.co.jp/news/2136057/full/
    笑顔で新婚生活を語ったベッキー=『株式会社カンム バンドルカード』テレビCM記者発表イベント

    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    【ベッキー(35)、巨人・片岡コーチとの新婚生活を笑顔で語る】の続きを読む


    いろいろ、大変ですね。

    1 Egg ★ :2019/05/24(金) 05:30:57.84 ID:zzY9dXE/9.net

    テレビタレントからビジネスの世界へ――。

    音楽ユニット「RADIO FISH」による楽曲『PERFECT HUMAN』の大ヒットの後、アパレルブランド「幸福洗脳」やオンラインサロン「NKT online salon」の立ち上げなど、事業活動にじわりと軸足を移しているのが、オリエンタルラジオの中田敦彦氏だ。

    3月発刊の著書『労働2.0 やりたいことして、食べていく』(PHP研究所)で組織の「歯車」から脱する生き方を説いた*に、テレビの世界を中心とする芸能界が直面している変化について聞いた。

    ■テレビの「専門店化」が起きている

     ――著書でテレビの世界の変化について書かれています。

     僕らが小さい頃に見ていたテレビは、メディアの王様だった。そこには若者向けの深夜番組、お色気番組もあれば、年配者向けの堅いニュース、子ども向けのクイズ番組もあって、メディアの中ではあらゆる商品をそろえた百貨店のような存在だった。でも今、テレビは影響力でいうと依然として王様だけど、百貨店ではなく、1つの専門店になっている。これはかつてのラジオが歩んだ道と似ている。

     テレビが今、どんな顧客層向けの専門店かというと、テレビ全盛期にメインの視聴者だった50代以上の人たち。坂上忍さんやヒロミさん、長嶋一茂さんのリバイバルも、テレビが完全に50代以上の視聴者向けの番組にシフトした結果、起こっていることだ。

     コンテンツの多様性では、今やYouTubeやNetflixといった動画配信サービスが強力な対抗馬として台頭している。僕はもともと、テレビという百貨店の中の一等地をとる戦いに参戦するつもりで芸能界に入ったけど、気づいたらその業態が変わっていた。

     今36歳だが、このままだと、50歳近くになってようやく僕らの世代の順番が回ってきて、テレビの一等地に立つ戦いに参戦できる。それでは遅すぎる。「中田敦彦」というコンテンツのほかの受け皿を探さなきゃいけないというのが今の気持ちだ。

     ――オンラインサロンなどのビジネスに注力している芸能人といえば、キングコングの西野亮廣さんが代表格です。

     西野さんも僕も、テレビのゴールデンタイムで冠番組を持った経験があることが大きいのかもしれない。テレビの一等地からの風景をすでに見ているので、上に行くこと(ゴールデンタイムで冠番組を持つこと)がゴールではないという実感がある。だけど、閉塞感があって何かやらなきゃいけないという気持ちは、40代手前の芸人であればみんな持っているはずだ。

    5/24(金) 5:00配信 東洋経済
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190524-00283040-toyo-soci

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【中田敦彦はなぜテレビの仕事を減らしたのか】の続きを読む

    このページのトップヘ