芸能ニュースあれこれ

気になった芸能ニュースを集めました


    アメリカに行ってたのですね!頑張ってほしいですね。

    1 ひかり ★ :2019/06/25(火) 21:40:15.12 ID:T6Z9nOKG9.net

     太陽が降り注ぐなか、植物を抱きかかえて無邪気な笑みを浮かべる─。6月中旬にインスタグラムに投稿された1枚の写真に写る男性は、小出恵介だ。

    「昨年秋ごろからニューヨークに留学しています。SNSには、アメリカ生活の様子がたびたび投稿されていますよ」(スポーツ紙記者)

     '17年6月、未成年女性との飲酒及び不適切な関係が写真誌に報じられ、当時の所属事務所から無期限活動停止を言い渡された小出。

    「出演予定だったNHKの主演ドラマが中止になったり、撮り直しが行われるなど、所属事務所が各方面の対応に追われていました」(同・スポーツ紙記者)

     その後、所属事務所を解雇され、表舞台から姿を消した─かのように思われていたが、

    「すぐにアメリカ留学の話が報じられました。もともと、海外のドラマや映画に関心があったようです。タイミングもあって、活動拠点を海外に移すことを決めたようですね」
    (芸能プロ関係者)

    競争率の高さに……

     留学先のニューヨークでは、演劇学校に通いつつ俳優として活動しているようだが……。

    「舞台などのオーディションをたくさん受けているものの、なかなかうまくいかず苦戦しているようです。本人は積極的に動いていて、現地の芸能関係者と交流する機会も
    あるようなんですけどね……」(同・芸能プロ関係者)

     どうやら、海外留学を行うタレントが必ずぶつかる“あの壁”が原因のようだ。

    「小学生のとき、海外に住んでいた経験もあるため語学力は問題ないみたいですが、小出さんは世界基準で考えると低身長。しかも日本で俳優として活動していたというだけで、
    これといった大きなアピールポイントがありません」(同・芸能プロ関係者)

     世界トップレベルの俳優たちが集まっているため、競争率も日本の比ではない。

    「現地の芸能関係者によれば“彼はこれといって光るものがない”と、いまいち採用の決め手に欠けるとのことです」(同・芸能プロ関係者)

     昨今、ピース綾部やウエンツ瑛士のように海外留学するタレントはあとを絶たないが、海外で活躍できる人とそうでない人の違いは何なのだろうか。芸能ジャーナリストの
    佐々木博之氏は、圧倒的な“個性”が武器になると語る。

    「渡辺謙さんは映画『ラストサムライ』が代表作となり、その後につなげていますし、真田広之さんはアクションが圧倒的に強いのが特徴です。お笑い芸人の渡辺直美さんも
    彼女にしか持ちえない個性が世界に認められています」

     小出の近況を代理人弁護士に聞いてみると、

    「苦戦しているというのは少し違います。出演が決まっているものはいくつかありますが、小出本人が発表できるものではないので、まだお話できないというのが現状です」

     もしかしたら、数年後にはハリウッド映画で大スターと共演なんてこともある!?

    週刊女性
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190625-00015455-jprime-ent

    (出典 jprime.ismcdn.jp)


    【小出恵介、アメリカでオーディション生活!】の続きを読む


    会長就任、おめでとうございます!

    1 朝一から閉店までφ ★ :2019/06/27(木) 12:23:15.00 ID:rTjIk7Vd9.net

    [2019年6月27日12時5分]

    春風亭昇太(59)が27日、落語芸術協会の新会長に決まり、都内で会見を行った。この日、都内で総会、理事会が行われ、昇太の会長就任が決まった。18年7月に桂歌丸会長が亡くなってから会長は空席だった。副会長に8代目春風亭柳橋(63)、会長代行兼副会長の三遊亭小遊三(72)は理事を退任し参事となった。

    6代目春風亭柳橋、5代目古今亭今輔、4代目桂米丸、10代目桂文治、歌丸に続き、6代目会長となる昇太は「会長職がどんなものかこれから分かってくる。落語界はいい時代で、私が入った時を比べると夢のような状態。ますますより多くの人に楽しんでもらいたい」。副会長の柳橋は「昇太会長の初めての女房役になりたい」と話した。

    約200人の会員のトップに立つが、「歴代会長は重々しい感じで、僕みたいな薄っぺら人間がなっていいのか。実は小遊三さんに1期だけでも会長をやって欲しかったけれど、『具合が悪い』『楽をさせて欲しい』と断られた」。入門時にはまったく思わなかった会長就任にも「僕は5番手、6番手がいい。3位以内ではなく、6位入賞がいい。ここに来て、会長になったのも、タイミングという気がします」。

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201906270000265.html


    【春風亭昇太「薄っぺら人間が…」落語協会会長に就任】の続きを読む


    そんな時代があったのですね…知らなかった!

    1 膳摩漏 ★ :2019/06/23(日) 21:42:22.28 ID:g3iCMoX59.net

    13日の深夜放送『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送系)に、『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)で共演していたよゐこがゲスト出演した。

     番組内では、岡村の過去の女性にまつわる話題に。すると、リスナーからの「よゐこから見て岡村のガチの結婚チャンスはあったのか?」という質問メールについて、有野晋哉が回答。「(『めちゃイケ』の)ロケ終わって、(近くに)深津絵里さんがおるってなって、(岡村が)『俺知ってるから挨拶いこうかな』と言い出して、『でも、あかんわ服着替えてもうた。今日の自前』と見せられたのが“細いベルト”だった」と記憶を辿った。

     その当時、細いベルト=「ダサいもの」とされていたようだ。有野は「あの時にベルト太かったら絶対(深津と)結婚していたよな」と岡村を励まし、「よう、そんな覚えてたな。ベルトがそれから気になってしゃあないねん」とほろ苦い過去を回顧した。

     深津というと、1997年のドラマ『踊る大捜査線』(フジテレビ系)で、刑事・恩田すみれを演じ、同ドラマのブームをきっかけにスターダムに駆け上がった。その後も、深津の出演がヒット作へと導き、03年の公開映画『阿修羅のごとく』で第27回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞。10年9月の公開映画『悪人』では、第34回モントリオール世界映画祭最優秀女優賞、並びに第34回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。日本アカデミー賞での最優秀主演・助演女優賞のダブル受賞は、史上8人目となる快挙である。

     2015年には、主演映画『岸辺の旅』が、第68回カンヌ国際映画祭「ある視点部門」に出品。そんな深津は、今となっては大女優として扱われている。だが、ここまでの道のりには“大部屋の時代”もあった。

     深津は、1986年に東京・原宿で開催された『ミス原宿グランプリ』で見事優勝。13歳で芸能界に入り、「水原里絵」名義で88年3月公開の映画『1999年の夏休み』でスクリーンデビューを果たした。同作では中学生の男児を演じた深津。美少年というコンセプトに当てはまったようだ。また、同年のJR東海のCMに起用され、一躍脚光を浴びた。

     しかし、女優の下積み時代では経験しえない“黒歴史”が存在する。あまり知られていないが、深津はかつてアイドル歌手として活動しており、全く脚光を浴びずに消え去っていたのだ。

     「当時、『水原里絵』は『高原里絵』という同一人物のキャラを作り上げ、1988年10月に各々の名義で同日に歌手デビューしています。水原名義の設定では、少し影のあるミステリアスなイメージ。高原名義の時には、ボーイッシュで活発なイメージを曲と併用して使い分けていたようです。さらに、『深津絵里』としても歌手活動を行い、92年までに7枚のシングルと2枚のアルバムを発表しています」(芸能ライター)

    また、1989年には、人気音楽番組『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)へ2度の出演歴もある。

    「深津は、音楽家の登竜門で知られる日本音楽高等学校に在籍していたようだ。歌手を夢見て悲願のデビューを果たすも、空振りの結果に。新曲のイベントでは、観客の少ない地方のショッピングセンターなどへのドサ周りも地道に励んだ。小さなお立ち台でノリながら歌い踊るも、出す曲全てが不発で撃沈。歌手への見切りをつけ、『水原里絵』と『高原里絵』を封印し、本名でもある現在名で女優に賭けたのだろう」(芸能関係者)

     脚本家・三谷幸喜氏は、2008年の公開映画『ザ・マジックアワー』に深津を起用。三谷氏は深津に対し、「深津さんは歌でも芝居でもホントにカンの良い人でした。(アドリブも)深津さんは絶対に笑わない。彼女はNGも出さない。もう、鉄の女。絶対に崩れないタイプ」「耳もいいし、英語の発音も完璧。エンディングは圧巻でした」と太鼓判を押した。屈辱を味わった歌手時代から一発逆転を放った瞬間だろう。

     まさに、“光と影”を経験した深津。30年も前の話だが、一人二役という謎の設定が、ミステリアスを醸し出す深津の女優としての糧になったに違いない。

    https://npn.co.jp/article/detail/57684976/


    【深津絵里はかつて、一人二役の謎設定アイドルだった?】の続きを読む

    このページのトップヘ