芸能ニュースあれこれ

気になった芸能ニュースを集めました



    1 ひかり ★ :2021/01/28(木) 00:17:53.27 ID:CAP_USER9.net

     元「AAA」のリーダー・浦田直也(38)が28日、ソロとして再始動することを発表した。19年4月に泥酔して女性への暴行事件(不起訴処分)を起こし、無期限謹慎処分を経て、同年いっぱいでグループを脱退していた。2009年のソロデビュー記念日に復活を報告することとなった。

     【ご報告】

    応援してくださっている皆様へ

    新型コロナウイルス感染症の影響により日々の生活が一変し、緊急事態宣言が発せられているなか、私事で大変恐縮ではございますが、本日は報告させていただきたいことがございます。

    まず、応援してくださっているファンの皆様をはじめ、関係者の皆様には、ご迷惑とご心配をおかけしたこと、改めて心よりお詫び申し上げます。誠に申し訳ございませんでした。

    約2年間という「活動自粛・休止」の期間の中、たくさんの事を考えました。

    多くの方に悲しい思いをさせてしまった以上、歌を辞めるべきではないか、「浦田直也」としてのアーティスト活動はもう終わらせるべきなのではないか、とも考えました。

    活動自粛の1年は、たくさんの方を傷つけてしまったことへの反省と謝罪、後悔の気待ち、自分の失敗で失ったものの大切さ、失ったことの辛さと苦しさ、そして自分の情けなさに、正直何も手につかなく、心を閉ざしてしまった1年でもありました。

    2019年12月31日にグループの脱退を発表し、謹慎期間があけ、活動自粛から1年が過ぎた春頃、松浦会長から直接会って話がしたいと連絡をいただき、お会いして僕の胸のうちを伝えました。

    その時、松浦会長から、「今、俺はいろいろなアーティストの楽曲制作をしている。その楽曲には仮歌が必要で、仮歌を入れてくれる人を探している。浦田の歌になるわけじゃないけど、仮歌をやってくれないか?改めて歌の修業ということでいろんな歌を歌って、浦田自身も改めて歌を勉強してみないか?」とお話をいただきました。

    僕はすぐに「やらせてください!」と返事をし、その日からスタジオに伺い、たくさんのアーティストの方々に作られた、さまざまな曲の仮歌を無我夢中で歌わせていただきました。

    仮歌を歌うなかで、僕は改めて「やっぱり歌が好き」 そして、「いつか自分の歌を歌いたい」と心に強く思うようになりました。

    ただ、反省の気持ちと後悔、苦しさは常に心にありました。そんな思いを胸に、歌修行を続けてきました。

    「活動自粛・休止」から約2年が経ち、この度、松浦会長、たくさんのスタッフの皆さんの力をお借りし、改めて「浦田直也」として、自分の楽曲制作をさせていただける事になりました。

    反省も後悔も苦しむ事も、まだ足りないと言われてしまうかもしれません。

    でも、待ってくださる方が一人でもいるなら、もう人を悲しませることは絶対にしないと強く決意した自分の声を、歌修行を経た自分の声を、皆様に届け、気持ちを伝えていくことができるよう、一から努力していきたいと思っています。

    そして、これから出会い、歌わせていただく曲たちが、皆様から愛していただけるように頑張ります。

    支えてくれた方、待っていてくれたファンの皆様への感謝と、忘れてはいけない気持ちを心にしっかり持ち、これから一生懸命、歌を歌っていけるよう、日々精進していきたいと思います。

    最後になりますが、一日も早く新型コロナウイルス感染症が収束し、皆様が安心して過ごせる日々が戻ってくることを心から祈っています。

    長くなりましたが、最後までお読みいただきましてありがとうございました。

    デイリー

    https://news.yahoo.co.jp/articles/086e1475469f30f90b1977191db544e61da68f43


    【【コメント全文】元AAA・浦田直也が復帰発表 女性暴行事件から約2年ぶり「人を悲しませることは絶対にしない」】の続きを読む



    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/01/25(月) 11:34:21.70 ID:CAP_USER9.net BE:279767159-2BP(0)


    1/25(月) 9:26
    日刊ゲンダイDIGITAL

    Koki,世界モデル挑戦へ…キムタクを日本に残し母・工藤静香と移住か
    工藤静香は娘たちの“プライベート・プロデューサー”を自任(C)日刊ゲンダイ
     2月5日に18歳の誕生日を迎える木村拓哉(45)の次女・Koki,の動向に再び注目が集まっている。

    樹木希林の孫 UTAの評価が上がると工藤静香が叩かれるナゼ

     さまざまな可能性を模索してきたが、海外留学か音楽家かモデルか、そろそろ方向性を決める時期に差し掛かっているためだ。昨年暮れの「エル・ジャポン」(ハースト婦人画報社)では、バッグで胸を隠したKoki,の上半身セミヌードなどを姉のCocomiが撮影した写真が掲載された。企画意図は「少女から大人の女性への脱皮」。仕掛けたのは姉妹の“プライベート・プロデューサー”を自任する母親の工藤静香(50)だ。工藤はメークやスタイリストの担当者を自ら選定したという。ここまで踏み込んだのは、Koki,の本格的な世界デビューを視野に入れてのことだ。 

     インターナショナルスクールを卒業したKoki,の将来についてはあれこれ言われてきたが、早い段階で工藤とKoki,のコンセンサスができており、それは「モデルとして世界を舞台に活躍する」というもの。今後はコロナ禍の収束を待って実際に行動に移していくことになるが、工藤とKoki,を待ち受けるのは茨の道だ。
    “キムタクの娘”の看板は通用しない

    Koki,世界モデル挑戦へ…キムタクを日本に残し母・工藤静香と移住か
    Koki,(C)日刊ゲンダイ
    「国際的に活躍するモデルになるには、ファーストステップとしてニューヨーク、パリ、ミラノなどにある大手エージェンシーと専属契約を結ぶことが最低条件となってきます。有名なコレクションのランウェイを歩くには、これら大手エージェンシーのサポートが必要となるためです。そのため、Koki,は専属契約を結ぶためにこれからオーディションをたくさん受けることになるのでしょうが、身長170センチ、アジア人特有のエキゾチックなルックスの彼女が合格を勝ち取るのは容易ではありません。世界で“キムタクの娘”の看板は通用しませんからね」(ファンション関係者)

     ただ、モデルの世界も少しずつ変化している。痩せ過ぎのモデルが社会問題として大きくクローズアップされたことで、今はむしろモデル自身の個性にスポットライトが当たる傾向にある。エージェントとの話し合いの中でKoki,の個性が評価されれば、契約を結べるチャンスはあるだろう。いざデビューに至れば、本人の努力次第でブレークする可能性も十分にある。

     複数の大手モデルエージェンシーのオーディションに挑戦するとなれば、海外での長期滞在は避けられない。工藤はキムタクとCocomiを日本に残してKoki,に同行することになりそうだ。

    「教育熱心な工藤さんのことですから、モデル挑戦と並行してKoki,を欧米の大学に通わせる選択肢も念頭入れているはずです。もし大手エージェンシーと契約が結べなくても娘のキャリアアップに繋がりますからね」(週刊誌記者)

     ファッション業界は今シーズンはコロナ禍の影響で、多くのブランドがオンライン上で新作を発表する。先日行われたミラノコレクションもライブ配信で行われた。大手エージェンシーも「今はモデルのオーディションどころではない」というのが実情だ。

     工藤とKoki,がつむごうとしている夢は実現するのだろうか。

    (芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄)


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d1ac43c0f5c027fe351d793cfc42a7967fdbab2e


    【Koki,世界モデル挑戦へ…キムタクを日本に残し母・工藤静香と移住か】の続きを読む



    1 muffin ★ :2021/01/18(月) 12:32:24.94 ID:CAP_USER9.net

    https://www.rbbtoday.com/article/2021/01/17/185537.html

     オリエンタルラジオの中田敦彦が17日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演し、3月にシンガポールに移住することになった経緯を告白した。

     昨年12月、所属していた吉本興業を相方の藤森慎吾とともに退所し、現在はYouTuberとして週2回仕事をするだけという中田。以前は東京で芸能活動を続ける以上、東京から出られないと思っていたものの、「動画はどこでも撮れる。そう思った瞬間に、コロナでリモートワークが当たり前になった」と、YouTuberへの転身で海外移住の夢が実現可能になったことを明かした。

     移住先に決めたシンガポールの魅力については「国土も狭いし資源もない中で、経済とか教育に力を入れて、のぼっていった」と説明。「日本でも明治時代などは外に出て勉強して帰った。僕も外に出て勉強しなきゃと考えた」と語った。また、「日本が怖いというのもある。めちゃめちゃ、はみだすのをつぶしますからね」と、日本社会の同調圧力が苦手なことも明かした。

     さらに中田は、シンガポール移住に備えて「子どもに英語と中国語を習わせようと思っている」と語った。

    ★1が立った日時:2021/01/17(日) 16:33:38.56

    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1610913282/


    【オリラジ中田敦彦、「はみ出し者をつぶす日本が怖い」シンガポール移住で「子どもに英語と中国語を習わせる」】の続きを読む

    このページのトップヘ